パーフェクトワン アットコスメ

パーフェクトワン モイスチャージェルだけでは物足りない?

パーフェクトワン モイスチャージェルは、「とても気に入って何年もこれ一つで満足です」、というかたがいらっしゃる反面、「物足りない」「位置づけは乳液の代わり」といった声も結構目立ちます。

 

アットコスメの例でも、平均満足度は★7つが満点のうちの4.6です。ですので、万人にとって、「ものすごく良い」、というわけではないでしょう。

 

「これ一つでは物足りない」理由は?
「物足りない」、という声は、マイナス評価の口コミの代表格ですが、500以上の口コミを見てみた結果、物足りない原因は大きく2つのパターンになるように思われました。

 

・「これ一つでよい」というから購入したのに他のアイテムも必要だった
・お手入れがとにかく楽だと思ったのに期待はずれ(丁寧に重ね付けをしないとしっかり潤わないなど)

 

この2つの声に共通しているのはきつい言い方のようですが、自戒をこめて、「丁寧にご自分のお肌と向き合っていない」ことだと思います。私の母も、手軽さに惹かれた一人でしたが、いくら一つでいいとは言っても、ご自分のお肌の状態に目を向けなかったり、きちんと浸透させる努力を怠ったりしていては、良い結果を得ることは難しいと思います。逆に、効果に満足しておられる方の多くは、丁寧に重ね付けなどして潤いがお肌に浸透しているのを確かめるようにして使われているようです。

 

私も、季節やその時の環境(空気の乾燥の度合いなど)によって量の調節をしますし、厳寒期にはプラスαで美容オイルを少し足すこともあります。

 

パーフェクトワン モイスチャージェルには、お肌に必要な潤いを与えること、その潤いを閉じ込めることそれによってハリやツヤを甦らせること、という機能は備えていても、人によってお肌の状態が違えば、パーフェクトワン モイスチャージェルの成分のさじ加減が合う方と合わないかたがいらっしゃるのは当然だと思います。

 

食べ物に例えると、あるレストランで供されたお料理が、いかに良質な材料で腕のいいシェフが作ったものであっても、今の自分の好みや気分、そして今の自分の身体が欲している栄養素が全て不足なく含まれていて、何もかも自分にピッタリ、ということが有り得ないのと同じことなのではないでしょうか。

 

「これ一つでよい」ということの意味は?
また、体調が悪い時は普段の食事のほかに必要なサプリで足りない栄養を一時補うように、効果を充分実感している方は、パーフェクトワン モイスチャージェルでのお手入れの「主」としてじっくり効果を引き出しつつ、臨機応変に「従」となるアイテムで必要に応じて不足を補っているかたが多く見受けられました。

 

でも、「パーフェクトワン モイスチャージェルだけで何年も満足している」、という方が多数派でいらっしゃることは、パーフェクトワン モイスチャージェルとの相性が素晴らしかったことと同時に、実際にお肌にとってすべて必要な成分が含まれているということの証明にもなることを意味していると思います。

 

ですので、私も自分のお肌の状態にあわせて時には足したり引いたりして、パーフェクトワン モイスチャージェルのもつ効果を充分にひきだせるように心がけています。

 

そして、丁寧にしっかりとお肌に入れてゆくこと。どんなに優れた品質の化粧品でも、お肌が乾燥して硬いままの状態では、十分に真価を発揮することはできません。丁寧にお肌になじませて、しっかりと浸透を促すことをしないというのは、じつにもったいないことだと、今回、沢山の口コミを見て再認識したことでもあります。

 

また、公式HPにも、「普段のお手入れにプラスして使用することもできます」との記載がありますが、どんな化粧品とも併用できるということは、それだけ人によって異なるオーダーメードのお手入れに対応できる商品の実力と安全性を備えているということにもなると思います。

 

それから、蛇足かも知れませんが、CMの作り方について、「コレひとつで良い、ということをいささか強調しすぎだし、簡単だということは、丁寧にお手入れしなくてもよいという誤解を招くのではないか」と、じつは思っております。